研究成果

- Achievements -

研究成果

-Achievements –

1.文部科学省委託研究事業

調査研究テーマ:OECD Education2030と連携した国際協働型プロジェクト学習の効果に関する調査研究

a) グローカルな人材育成に資する国際協働型プロジェクト学習に取り組んできたISN1.0生徒の追跡調査(中長期的な効果検証)



 

b) OECDEducation2030と連携しながら推進するISN2.0の国際協働型プロジェクト学習の実践(短期的な効果検証)



 

2.「OECDの学習枠組み 2030」の具体的な実践ビデオ

OECDの学習枠組み 2030」が具体的に実行可能であることを示すものため、ISN参加校、またエンパワメントパートナーにより、実践ビデオをOECDに提出しましした。

   OECD Learning Compass 2030   

The OECD Learning Compass 2030の詳細は、下記リンクを参照ください。
http://www.oecd.org/education/2030-project/ 

 

■国際協働型PBL: Globally Collaborative Project-Based-Learning

岡山龍谷高校  Agency x Integrated Study (Ryukoku Liberal Arts) 

 
 
■総合・探求学習 Integrated Study

新潟大学教育学部附属新潟中学  AARサイクル x Integrated Study

福井大学教育学部附属義務教育学校 AARサイクル x Integrated Study (Gaku-P)

■教科・教科横断 Subject Based Learning/Inter-Disciplinary Learning

福島県立ふたば未来学園高等学校 データリテラシーx(数学+公民)

 

福井大学教育学部附属義務教育学校 Learning to Learn x 算数・数学(4学年連続)

 

奈良女子大学附属中等教育学校 Computational Thinking x 国語

福井大学教育学部附属義務教育学校 Student Agency x 理科(Little Teacher

3. Future We Want (FWW):生徒たちの創りたい未来とは

教育は、自分自身の人生を形成し、他人の人生に貢献するために、学習者にAgencyと目的意識、必要なコンピテンシーを育成することができると考えています。生徒たちがどのような未来を創りたいのか、生徒たちの声をビデオにして、OECDに提出しました。また2019年の研究の一つのテーマとして、

ISNに参加する生徒たちとともに、OECD E2030のアクティビティ・パッケージである「Future We Want (FWW)」を定期的に実施し、FWWを学校における協働探究カリキュラムと連動させながら、生徒たちが描く「世界の見方」とその変化(広がり、深まり)を明らかにしていくことを目指しています。

OECDに提出したFWWのビデオ:11個のWell-being Indexから一つを選択

Safety

 

Job

 

Community

 

Environment
Education