ボランタリークラスター募集要項(Voluntary Cluster Application Form)

「OECD日本イノベーション教育ネットワーク(以下ISN)」は、OECD(経済協力開発機構)と文部科学省の協力のもと、東京大学公共政策大学院内に設置された産学コンソーシアムです。ISNでは、「国際協働による教育研究を推進するシンクタンク(Think-Tank)活動」と「教育研究と実践を連携するドゥタンク(Do-Tank)活動」により、次世代の学びの開発と普及を促進していきます。このISNの活動を更に発展させるために連携いただける「ボランタリークラスター」を下記のとおり募集します。参加を希望される方は、下記URLからフォーム(日本語版英語版)をダウンロードし、事務局メールアドレス(voluntary_application@innovativeschools.jp)までメールでお送りください。

【活動の概要】
「地方創生イノベーションスクール2030」は、東日本大震災からの復興支援事業として注目を集めた「OECD東北スクール」の後継プロジェクトであり、ISNのDo-Tank活動のベースとなるものです。2030年の地域社会の課題の解決をめざし、世界各国の生徒が協働して「国際プロジェクト学習」を推進します。日本からは東北・広島・和歌山・高専他の自治体・大学・学校が事務局となり、海外パートナー国と合同でクラスターを設立しています。Think-Tank活動は、この「地方創生イノベーションスクール2030」の実践とOECD調査研究をもとに、「OECD Education2030プロジェクト」が提唱する次世代の学び(21世紀型のカリキュラム・教授法・評価法)を研究し、教育現場への普及や政策提言を行います。

 

【ボランタリークラスター】

ボランタリークラスターは、ISNの趣旨に賛同する学校・大学・NPO・自治体等が集まり、ISNや中等教育における教育イノベーション実践のノウハウや研究成果を共有するために組織化されました。ボランタリークラスターに参画いただいた学校には、ISNが提供する教育ツールの使用、セミナーやワークショップへの参加を通してノウハウを共有し、実践を行い、その成果を共有することが期待されます。またISNが連携する「OECD Education2030プロジェクト」からの調査依頼などが発生した場合には、可能な範囲でのご協力をお願いいたします。

ボランタリークラスターへの参加を希望される方は、添付1の申請書にご記入の上、ISN事務局まで送付ください。ISN事務局で審査のうえ、参加の可否を連絡させていただきます。なお、参加申し込み受け付けについては通年受付を行います。参加の申請を受理した後、1週間以内にこちらで審査し、結果をお知らせいたします。

ボランタリークラスターに登録されますと、本ホームページで概要を公開し、本ネットワークのメーリングリストに登録されます。メーリングリストを通じて、イベントのお知らせなどを行います。ご承知ください。

ボランタリークラスターとしての活動期間は、参加承認後から2017年9月末までです。参加費は無料です。また、毎年3月末、及び活動期間終了時に、その時点までの実践に関しての報告書(添付2)の提出をお願いします。報告書の提出がない場合、自動的に脱会となります。またこれらの報告以外にも、ISN事務局からの問い合わせに対しては、適宜誠意をもってご対応いただくことを条件とします。これら条件が満たされない場合、ボランタリークラスターの認定を取消させていただく場合がありますことをあらかじめご了承ください。

 

【お問い合わせ・申請書送付先】

・お申込みフォーム
下記リンクからダウンロードください。(日本語版英語版

・OECD日本イノベーション教育ネットワーク事務局メールアドレス
voluntary_application@innovativeschools.jp

 

【F&Q】

クラスターは、複数の学校が集まって申請するものなのでしょうか?
ISNのツールを使って授業を行いたいのですが、その場合は「Voluntary Cluster」に申請すればよいのでしょうか?
活動内容が「プロジェクト学習」ではありませんが、「Voluntary Cluster」に申請できますか?
申請書の連絡先には、どこへの連絡先を書けばよいでしょうか?