「地方創生イ ノベーションスクール」活動 報告会

2017年6月30日、文部科学省にて、「地方創生イノベーションスクール2030」(略称:ISN)において国際協働型のプロジェクト学習に取り組む広島クラスター、福井クラスター、東北クラスターの各担当者(大学、高等学校の教員、教育委員会担当者)から、活動の詳細について御報告いたします。

ISNは、東日本大震災で被災した東北の中高生を支援する教育プログラム「OECD東北スクール」の後継事業として2015年8月から始まったプロジェクトです。6地域で結成されたクラスターでは、各地域の中高生が2030年に予想される地域の課題(少子高齢化、環境問題等)の解決に向けて、同様の課題を抱える海外の生徒たちや、地域・自治体・企業等の多様な主体と対話・協働を行う国際協働型のプロジェクト学習に取り組んでいます。

傍聴の御希望がございましたら、6月28日(水)までに所属と御名前を明記の上、FAX(下記申込先参照)にてお申込み下さい。


■開催日時
2017年6月30日(金)16:00~18:00

■報告者
広島クラスター 広島県教育委員会
福井クラスター 福井県立若狭高等学校、福井県教育庁
東北クラスター 福島大学

■会場
文部科学省3階 試写室

■お申込み先
生涯学習政策局参事官(連携推進・地域政策担当)付
ISN担当:FAX:03-6734-3620
TEL:03-5253-4111(内線2267,3239)