第4回教員研修

第4回教員研修は、これまでの実践と研究を振り返りつつ、さらに実践と研究の質を向上させるとともに、OECD日本イノベーション教育ネットワークのコアクラスターのみならず、ボランタリークラスターの実践事例、様々な教育実践の先行事例・先行研究などについての理解を含め、活動を更に活性化させることを目的として行われました。

  • 日時:2016年8月11日から12日
  • 場所:国立オリンピック記念青少年総合センター
  • 参加者:ISNの教員・教育研究者、および、教育行政関係者・教育産業関係者

 

Day1 2016年8月11日(木)

<イントロダクション>

 

<クラスター活動報告&事例紹介>

 

<パネルディスカッション>

 

<テーマ別ディスカッション>

 

13:00-13:30 【#1:イントロダクション】

・ご挨拶

鈴木寛
OECD日本イノベーション教育ネットワーク代表、東京大学公共政策大学院教授

・教員研修会の目的と狙い

秋田喜代美
OECD日本イノベーション教育ネットワーク研究統括、東京大学大学院教育学研究科教授

白水始
OECD日本イノベーション教育ネットワーク共同研究統括、東京大学大学総合教育研究センター教授

13:30-14:30

【#2:クラスター活動報告】

東北クラスター

・広島クラスター

・和歌山クラスター

・福井クラスター

・高専クラスター

・ボランタリークラスター(東京学芸大学)

14:30−15:15

【#3:事例紹介】

i.schoolにおけるイノベーション教育の取り組み(政策研究大学院大学(GRIPS)、宮越浩子)

15:15-15:30 休憩
15:30−16:30 【#4:パネルディスカッション】

「OECD日本イノベーション教育ネットワークは何をめざすのか?スクールネットワークに期待される国際協働とは何か?」

司会:

  • 小村俊平(OECD日本イノベーション教育ネットワーク事務局長)

ゲスト:

  • OECD教育スキル局シニア政策アナリスト 田熊美保
  • 文部科学省初等中等教育局教科書企画官(前OECD日本政府代表部参事官) 村尾崇
  • 内閣府政策統括官(防災担当)付参事官(前OECD、Head of Division, Regional Policies for Sustainable Development, Public Governance and Territorial Development) 佐谷説子
16:30−16:40 休憩
16:40−18:00

【#5:テーマ別ディスカッション】

  1. 生徒が質の高い課題を設定し、課題の質を深めるにはどうすればよいか?
  2. 生徒が経験から学ぶための効果的な振り返りとは何か?
  3. 生徒が深く学ぶための大人の関わり方とは何か?
18:00-19:00 夕食

DAY2 2016年8月12日

<ワークショップ>

9:00-11:30

【#6:ワークショップ】

「アクティブ・ラーニング・パターンを用いたワークショップ」

ファシリテーター:慶應義塾大学 総合政策学部 井庭崇 准教授

11:30-12:30

昼食